Githubとsshで繋ぐ方法

いつの間にか、Githubがプライベートリポジトリも無料でホストしてくれるようになっていたので、早速作成してみた。

注意
基本的にこのページは、Githubの説明ページの要約です。

自分の環境では、何かのタイミングで公開SSHキーを持っていたので、

  • 公開SSHキーを持っている場合

をやってみます。

SSHキーの確認

以下のコマンドをタイプして、自分がすでにSSHキーを持っているかを確認

大抵は、id_rsa.pub や id_ecdsa.pub や id_ed25519.pub となっているはず。自分は、id_rsa.pub でした。

SSHキーのssh-agentへの追加

ページには、起動から書いてあるけど、MacOSなら、明示的な起動は不要。
以下のコマンドで秘密鍵を追加

githubに公開鍵を追加

まずは、以下のコマンドでクリップボードにコピー

githubに移動し、「Personal Setting」ー「SSH and GPG keys」でSSH Keysに追加。具体的には、「New SSH Key」ボタンを押し、フィールドにクリップボードからペーストすればOK

確認

コマンドラインや、 XCode/SourceTreeのようなアプリから接続できるか確認して終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です