[SwiftyStoreKit] SwiftyStoreKit覚書(setup編)

ドキュメントを一通り読んで、素のStoreKitをその通り実装してみたい気持ちにも駆られたけど、ネットで評判のよいSwiftyStoreKitを使ってみようかと。

今回は、セットアップ部分を説明します。

最初のオブザーバー追加

基本的には、素のStoreKitと同様だけど、SwiftyStoreKit がすでにいろいろやってくれています。

以下のコードをapplication(:didFinishLaunchingWithOptions:)に追加して、処理されていない購入情報を処理するコードを追加するだけで良いです。

購入情報処理コード




Product情報の取得

retrieveProductsInfoを呼び出して、completionの中で必要な情報を取得します。

Product情報取得コード

上記のコードは、self.productInfoArray に Product 情報を追加して、その情報から表示されている self.productTableView.reloadData を更新する処理を記述しています。

説明は以上です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です