AppStoreレビュー用動画の作り方

アプリのスクリーンショットだけだとすこしさびしいので、動画足したくなりますよね。
でも、どうやって動画作れば良いのかサッパリ。 15秒〜30秒の動画にすごいコストもかけられないので、なんとか持っているものでやりくりしたい。

実機を使う録画はちょっと・・・

実機を使う方法が、Appleのページで紹介されているんだけど、実機は、普段使っているiPadなので、録画されたくないデータがいろいろと・・・
なので、実機を使って録画するのは、自分的には、NGでした。

開発専用機を持っているならば、お手軽で良いですが、まだそこまでの規模になってません orz

シミュレータの操作を録画

開発途中にも使っているシミュレータの画面を録画できると良いなぁと思って、Googleしたところ、なんと、シミュレータでの動作をそのまま動画にできるらしい。
具体的には、シミュレータを立ち上げた後に、以下のコマンドで録画開始。

操作終わったら、Ctrl-Cで終了させればOK。

縦横の修正

ただ、自分は、Portrait型のアプリだったこともあり、向きが残念なことに。
Macを持っている人なら誰でも使えるはずのiMovieで簡単に修正。

そのまま編集

きちんと台本を作って録画していないこともあって、余計な動作とかも録画されてしまっているので、その辺りを編集してカットしないといけないです。
なんのツールを使おうかと考えたんだけど、iMovieで良いじゃんということで、そのままiMovieで編集しました。

できた動画はこちら

注意
ちなみに、サイズにも制限があって、以下のいずれかでなければいけません。

  • 1600×1200 or 1200×1600
  • 1200×900 or 900×1200

新しく始める時に、「新しいプロジェクト」ではなく、「新しいアプリケーションプレビュー」を選択すると、ファイル書き出しの時もAppStoreが選べたりして、至れり尽くせりな感じでした。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です