gitリポジトリ/作業フォルダのクリーンアップ

いつも、特定のフォルダ配下で開発作業をしています。普通のことだと思うけど、潜在的に問題があると思います。

潜在的な問題点

一定の場所で作業し続けていると、潜在的な問題が発生していても気づけないかもしれない。例えば、

  • Gitに追加できていないファイル
  • Gitに誤って追加してしまったファイル(特に巨大ファイル)

だからこそのCI

もちろん、別サーバーでCI(継続的インテグレーション)を行うことでチェックすることもできますが、ちょっとお試し的に開発しているものに対して、CI環境を構築することに躊躇うのも同意します。

ちょっとしたメンテ

以下のような手順でメンテすることで、gitもクリーンに保てるし、環境のチェックにもなるので、自分はたまに行ってます。

チェックリスト
  • git全体をバックアップ
  • git中の不要な巨大ファイル等のチェック
  • 不要ファイルが見つかったら、履歴からも削除してgitリポジトリを軽量化
  • 新たに、cloneして、Xcode等で正しくビルドできるかをチェック
  • いつもの作業ファイルを削除して、新しくCloneし直し
  • 改めて、Xcode等で正しくビルドできるかをチェック
  • すっきり

たまにやると気分転換にもなるので、おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です