AppStoreのApp Preview

以前:AppStoreレビュー用動画の作り方としてAppStore向けApp Preview動画の作り方を書いたのですが、提出したら、Rejectされました・・・・

AppStoreのApp Preview

30秒までの短い動画をAppStoreにPreviewとして配置できます。
時間制約が厳しい(最長30秒)ので、あまり細かいことを確認せずに、Simulatorを動作させて、それを録画する形で、動画を作りました。ちょうど、iPad向けのExifClipを申請していて、せっかくだからと凝って作ってみたんですが、Rejectされるなんて・・・・
Reject理由は、アプリの画面以外が周りに含まれているからでした。Simulatorの動作を画面上で録画していて、きちんと調整しなかったので、少し外枠が残っていたのが、よくなかったみたいです。
結構な時間をかけて作ったので、ショックでした。

App以外のものが周りに写り込んでいるとReject

よく読むと書いてあるのですが、肩越しに見える形でアプリを紹介する等の動画は、受け付けられませんと書いてありました・・・
なので、せっかく作った動画もRejectされたわけです。

どのように作った動画が良いの?

ドキュメントをには、QuickTime PlayerとiMovieで作れますよ。と書いてあります。手順もすごく具体的に、iPadをUSBでつなげてから、QuickTime Playerを立ち上げて、メニューを選択して・・・と丁寧に書かれてます。
少し、自分色を出したくて、Simulatorベースで作ってみたんですが、一旦、Appleのお勧めに沿った形で作って提出してみることにしました。

動画の内容は

最初はテロップが盛り沢山の動画を作って提出していたんですが、ユーザーの視点から改めて考えてみると、「テロップ盛り沢山で詳細に説明してくれる動画」も良いんですが、「シンプルにどんな感じで動作するかを説明する動画」も良いのではないかと考え直しました。
なので、QuickTime Playerで録画して、iMovieで余分なシーンをカットしたくらいでApp Preview動画としました。

AppStoreのApp Previewのお勧めツール

Appleの言う通りに、以下のツールで作るのがお勧めです。

  • QuickTime Player
  • iMovie

iMovieも普通に動画編集ソフトなので、非常に凝ったエフェクト等はつけられないかもしれませんが、テロップ等の基本的な機能はあります。なので、特にその辺りに技術がある人以外は、iMovieで良いのではないかと。
録画については、現在の規程でアプリよりも外枠が映るのはNGっぽいので、実機を録画するのが良いと思います。一度、審査を通過した後に、少し凝った動画を提出してみて、その辺りの感覚(?)をわかったらいいなぁとは思います。

MEMO
iOSやMacOSの開発するなら、Macは持っているだろうから、動画作成のためのアプリ等を追加購入する必要がないのは地味に嬉しい配慮だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です