[iOS] [Acknowledgement] 謝辞の表示方法@iOSアプリ

SwiftDateとかのライブラリをよく使っているので、アプリリリース時には、謝辞をどこかに表示したいことが多いです。
iOS アプリでは、Settingで開かれるところで、表示するのが、今風(?)らしいので、その方法を説明します。

Settings.bundleの作成

リソースとして、Settings Bundleをプロジェクトに追加します。

Root.plistの編集

<array>タグ配下の不要なdictを削除して、Acknowledgementsが含まれるものを追加しました。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
    <dict>
        <key>PreferenceSpecifiers</key>
        <array>
            <dict>
                <key>Title</key>
                <string>About</string>
                <key>Type</key>
                <string>PSGroupSpecifier</string>
                <key>FooterText</key>
                <string>Copyright © 2020 SmallDeskSoftware All Rights Reserved.</string>
            </dict>
            <dict>
                <key>Type</key>
                <string>PSTitleValueSpecifier</string>
                <key>DefaultValue</key>
                <string>0.5.0</string>
                <key>Title</key>
                <string>Version</string>
                <key>Key</key>
                <string>1.0</string>
            </dict>
            <dict>
                <key>Type</key>
                <string>PSChildPaneSpecifier</string>
                <key>Title</key>
                <string>Acknowledgements</string>
                <key>File</key>
                <string>Acknowledgements</string>
            </dict>
        </array>
        <key>StringsTable</key>
        <string>Root</string>
    </dict>
</plist>

上記は、今時点でのClockClipに使用しているファイルなので、Copyright表記やアプリのバージョン(上では、0.5.0)を修正する必要があります。

Acknowledgements.plistの作成

以下のような枠を作って、<ここ>のところに、ライセンスを貼り付ける

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
    <dict>
        <key>PreferenceSpecifiers</key>
        <array>
            <dict>
                <key>Type</key>
                <string>PSGroupSpecifier</string>
                <key>Title</key>
                <string>acknowledgement</string>
                <key>FooterText</key>
                <string>
<ここに・・・>
                </string>
            </dict>
        </array>
    </dict>
</plist>

 




まとめ

こういう形で組み込むと、アプリ自身の中ではなくて、iOS の設定画面の中からアプリの設定として確認できるようになります。

このあたりまで、きちんと仕組み化されているので、素晴らしいです> iOS 。

公開されているライブラリを使うと非常に早く、良いアプリが作れるので、感謝しつつ。

説明は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です