加湿器(AC100)制御をアップデート

部屋の加湿器をMQTTで制御してます。

これまでの制御としては、「部屋が暗くなったら、OFF」にしてました。

自分で設定した振る舞いですし、結構便利だったのですが、
長時間、部屋で作業していると湿度が高くなりすぎて、ドアがベタベタになっていたことに気づきました。

せっかく、照度センサーだけではなく湿度センサーも動かしているということで、あまりにも湿度が高くなった場合にも、電源をOFFにしようかと

考察

自分の体感では、70%を超えたら、すこしベタベタするのと思えました。
なので、70%を超えたらOFFにすれば良いかなぁと考えたのですが、そういえば、今使っているDHT11の精度ってどれくらいだろ?という疑問が。
精度があまり良くないのであれば、複数回計測してからの制御が良いかと。

こちらのページを参考にさせていただいたところ、DHT11は、精度±5%とのことなので、3回連続で70%を超えているようならOFFにすることに。

センサーは、10秒毎に測定値を送っていますので、「30秒超えて70%を超える湿度が計測されていたら」という条件と読み替えることができますが、ただ、確実に10秒ごとに送られてきているかをチェックしていないので、あくまで「連続3回の測定で70%を超えていたら」という条件です。

部屋の加湿器なので、そんなにシビアに検討してないです。もともと、「3回」も「70%」も肌感覚ですから。

コード

まとめ

自分の環境では、それなりにうまく動いてそうです。ただ、長期的に見てどうなのかは、もう少し運用してみて改良しようかと思います。
ローカルPCの開発環境とDockerでの実行環境を分けておいて便利だったかも。
ちなみに、久しぶりにPythonを使ったのですが、静的変数を忘れていて、すこしハマりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です