CoreDataのセットアップコードを調べてみた@iOS13

これまでもCoreDataを使ってきていましたが、iOS13になって、SwiftUIともつながりやすくなったとも聞いたので、CoreDataのセットアップコードに変化があったのかを見てみました。

チェックした環境

  • XCode11.4
  • iOS13, macOS Catalina

CoreData向けに追加されるコード

AppDelegate内に、以下のコードが追加されます。

    lazy var persistentContainer: NSPersistentContainer = {
        /*
         The persistent container for the application. This implementation
         creates and returns a container, having loaded the store for the
         application to it. This property is optional since there are legitimate
         error conditions that could cause the creation of the store to fail.
        */
        let container = NSPersistentContainer(name: "Bookworm")
        container.loadPersistentStores(completionHandler: { (storeDescription, error) in
            if let error = error as NSError? {
                // Replace this implementation with code to handle the error appropriately.
                // fatalError() causes the application to generate a crash log and terminate. You should not use this function in a shipping application, although it may be useful during development.
                 
                /*
                 Typical reasons for an error here include:
                 * The parent directory does not exist, cannot be created, or disallows writing.
                 * The persistent store is not accessible, due to permissions or data protection when the device is locked.
                 * The device is out of space.
                 * The store could not be migrated to the current model version.
                 Check the error message to determine what the actual problem was.
                 */
                fatalError("Unresolved error \(error), \(error.userInfo)")
            }
        })
        return container
    }()

    // MARK: - Core Data Saving support

    func saveContext () {
        let context = persistentContainer.viewContext
        if context.hasChanges {
            do {
                try context.save()
            } catch {
                // Replace this implementation with code to handle the error appropriately.
                // fatalError() causes the application to generate a crash log and terminate. You should not use this function in a shipping application, although it may be useful during development.
                let nserror = error as NSError
                fatalError("Unresolved error \(nserror), \(nserror.userInfo)")
            }
        }
    }

上記のコードは、SwiftUIになっても特に変更はありません。従来のCoreDataサポートを設定したプロジェクトで生成されていたコードと同じです。

SceneDelegate.swiftにもコードが追加されています。

// Get the managed object context from the shared persistent container.
let context = (UIApplication.shared.delegate as! AppDelegate).persistentContainer.viewContext
        
// Create the SwiftUI view and set the context as the value for the managedObjectContext environment keyPath.
// Add `@Environment(\.managedObjectContext)` in the views that will need the context.
let contentView = ContentView().environment(\.managedObjectContext, context)

前半の"let context = ..."が、新規に追加された行で、後半の"let contentView = ...”は、既存の行に".environment..."以降が既存の行に追加されたものとなっています。

コードやコメントの通りですが、AppDelegateで保持されているpersistentContainerの中のManagedObjectContextを、environmentObjectとして設定しています。

MacOS向けのDocument-basedだとどうなる?

Document.swift内に以下のコードが追加されました。

    override func makeWindowControllers() {
        // Create the SwiftUI view and set the context as the value for the managedObjectContext environment keyPath.
        // Add `@Environment(\.managedObjectContext)` in the views that will need the context.
        let contentView = ContentView().environment(\.managedObjectContext, self.managedObjectContext!)

        // Create the window and set the content view.
...
    }

違いは、let contentView =ContentView().environment ...の箇所ですね。
ここで、ContentViewにEnvironmentObjectを明示的に設定してますね。

iOSのアプリであれば、1つのドキュメントなので、Framework内で遮蔽できるけれど、MacOSでDocument-Basedの場合には、
異なるドキュメントを対象にしたビューが複数開かれるかもしれないために、ここでEnvironmentObjectを設定してるんでしょうね。
# コメントでもきちんと説明してくれてますね。親切。

違いは?

Document-basedアプリの時に、EnvironmentObjectを設定するコードが付加されていましたが、それ以外については、
以前に生成されていたコードと同じでした。

ということは、Environment等のオブジェクトで紐づけられていることで、連携しやすくなっているので、
アプリ側でのセットアップに変更はほぼなくて、Framework側の努力(?)で接続性が良くなっているという理解で良いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です