EvernoteSDKを使うSwiftUIのMacOSアプリのプロジェクト設定

SwiftUI

Evernoteと連携するアプリを久しぶりに作ろうかとプロジェクトを作りました。

意外と手間取ったので、手順をメモ

SDKをダウンロードして、使いたいプロジェクトに追加

ここに書かれている通り

Consumer Key等を取得

コードにも書かれていますが、ここから取得。

Web上だけではなく、メールにも送られてくるので安心。 (後で使います。)

プロジェクトのBuild Settingを変更

プロジェクトのBuild Settingを変更する必要があります。

Packaging - Define Module をYesに変更してください。

設定変更

# 検索ウィンドウを使うと、すぐ見つかります。

Bridgeヘッダーを作成

プロジェクトにObjective-C ソースコードを追加しようとすると、ソースコードの保存ダイアログの後に、作りますか?と聞いてきます。

作られたら、Objective-Cのコードは削除してOKです。

ヘッダーの中に、以下を追加してください。(というかそれ以外のコードはないです)

#import <EvernoteSDK-Mac/EvernoteSDK.h>

この段階でコンパイルは通るようになるはずなので、一旦チェックするのが良いです。

共有セッションを初期化

基本的に後は、使うだけなのですが、以下は、初期化部分のサンプルです。

func setupEvernote() {
    // Initial development is done on the sandbox service
    // Change this to BootstrapServerBaseURLStringUS to use the production Evernote service
    // Change this to BootstrapServerBaseURLStringCN to use the Yinxiang Biji production service
    // BootstrapServerBaseURLStringSandbox does not support the  Yinxiang Biji service
    let evernoteHost = BootstrapServerBaseURLStringSandbox

//        #warning Add Consumer Key and Consumer Secret, but also modify Info.plist according to documentation!
//        #warning Remove these warnings once done with it.

    let consumer_key = "XXXXXXX"
    let consumer_secret = "XXXXX"

    // Fill in the consumer key and secret with the values that you received from Evernote
    // To get an API key, visit http://dev.evernote.com/documentation/cloud/
    EvernoteSession.setSharedSessionHost(evernoteHost, consumerKey: consumer_key, consumerSecret: consumer_secret)
}

アップデートの日付から考えると、Swift対応するつもりはないのかな?? アップデートしてくれると嬉しいなと思いつつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です