Measurement クラス知ってます?

Swift

Foundationは、意外なものもたくさん用意してくれています。きちんと理解しておくと、役立つ日が来るかもしれません。
ここでは、その1例を紹介します。

紹介するのは、”Measurement”です。

大半の人が知らないと思います。少なくとも自分は、全然知りませんでした。

何をするものかというと、数値を扱うときに、その単位等も含めて扱うことができるようにするクラスです。

例えば、体重50kgを変数に保存するとします。

Doubleで持っている時は、設計者間で、”この値はkgで扱っている”ということを記憶しておかないといけないのですが、
Measurementを使っている方は、単位が明らかですよね。

ちなみに、単位間の変換係数も用意されているので、単位間の変換も簡単です。

例えば、スピードだと、キロ〜マイル間の変換はもちろん、ノットとの変換の係数も定義されています。

知っておくと便利だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です