@State, @Binding, @Environmentでハマったときの解決法

SwiftUI

@Stateや、@ObservedObjectや@Bindingは非常に便利なのですが、いつのまにか、誰かが変更してしまってハマることがあります。

誰かが意図せず変更してしまうなら、変更してしまうタイミングを見つけるのが、解決への早道。

ということで、foobaaというプロパティが意図せず変更されてしまうならば、以下のようなコードにします。

動作をチェックしたいプロパティ

その後、上記の箇所にブレークポイントを設定して、アプリを実行します。

何度か、ブレークポイントで止まると思いますので、その箇所が期待通りかどうかをDebug Navigatorで確認しましょう。
Debug Navigatorをみると、呼び出し側の関数まで確認できますので、辛抱強く確認すれば、必ず見つかるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です