JIRAでプロジェクトを非表示にする方法

JIRAの特定のプロジェクトをGadget等に表示させない手順です。

JIRAは便利なので複数のプロジェクト管理に使用しているのですが、休止中のプロジェクトを非表示にしたい時があります。アーカイブするのも1つなのですが、そこまででないというか、しばらくしたら、また活発にすることを考えて、”しばらくの間だけ”非表示にしたいケースです。

対象としているJIRAは、Ver.7.13.9です。

プロジェクトに、空の権限スキーム/Permission Schemeを割り当てる

上記を行うと、空の権限スキームを割り当てられたプロジェクトは、非表示となります。

でも、それってどうやって?

以下がその手順です。

  • 空の権限スキームを作る
  • 非表示にしたいプロジェクトに割り当てる

すごく簡単なんですが、そのためのメニューがどこにあるのか見つからずハマりました。

空の権限スキームを作成する

  • JIRA画面の右上にあるギアアイコンから表示されるプルダウンメニューから、Issuesを選択します。
  • 左側メニューの一番下にあるPermission schemesを選択します。
  • 右上のボタン”Add permission scheme”を押して、schemeを作成します。
    作られた時には、何も設定されていませんので、作りたい空の権限スキームになっています。

空の権限スキームをプロジェクトに割り当てる

該当プロジェクトの設定画面に行きます。

  • Permissionsセクションに現在設定されているschemeが表示されていると思いますので、そのschemeをクリックします。
  • 右上のActionsから表示されるプルダウンから、”Use a different scheme”を選択します。
  • 表示される画面で、schemeのプルダウンで、先ほど作成した空の権限スキームを割り当てて、”Associate”ボタンを押します。

以上で、特定のプロジェクトが表示されなくなります。

元のスキームを割り当て直すと再度、表示することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です