PHImageManagerを使って、requestImageするときの注意点

PHImageManagerを使って、requestImageしていると、コールバックが複数呼ばれることがあります。
最初に、非常に荒い画像イメージが返されて、しばらくすると、詳細な画像イメージが返されます。

とりあえず、何か表示しておいて、その後、詳細なイメージにアップデートするというような使い方を想定してるんだと思います。

でも、詳細な画像イメージが返されずにエラーが返ってくるケースでハマってましたので、メモ

解決策は、以下のような形で、isNetworkAccessAllowed = true で使用することでした。

コード

写真がiCloud上にあるならば、この制限は非常によくわかるんですが、そうでない時にも必要みたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です