[Xcode] iOS Simulatorが起動しないことがあるのはバグでした

バグの症状

Xcodeからアプリを実行しようとしても、”Waiting for Simulator”とでて、うまく動作させることができないことがありました。

fastlaneを導入したのと同時期だったので、fastlane関連で何か設定を変更しちゃってうまく動かないのかなと勝手に誤解してました。

うまく動作できなくても、何回か動作させようとしたり、シミュレータを立ち上げ直したりしているとうまく動くようになったので、放置してました。

Xcode11.5 Beta2 で治ってるみたい

WWDCでXcode11.5やSwift5.3がリリースされるそうで、その変更点を調べるために、Release Noteを読んでいたところ見つけました。

(2020.5.21追記:WWDC待たずに、Xcode11.5がリリースされました)

  • Fixed an issue where Xcode would sometimes fail to run an app in a simulated device, with an error “Timed out waiting for Simulator.app to become ready”. (57050823)
  • Fixed a crash that could occur when invoking Siri in a simulated device. (62333338)

1つめが、起動しない件でした。

何度も起動したり立ち上げ直すのはそれなりに手間だったので、うれしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です