[Xcode12] Share extension に変化はあるか → ありませんでした

Xcode12 がダウンロードできるようになっていたので、Xcode11 が作るテンプレートコードとの差異があるかチェック

App extension – Share に変化は?

App extension 向けのターゲットを追加した時に作成されるテンプレートのコードの差異をチェックしてみました。

App extension を追加するには、ベースのプロジェクトが必要です。Xcode11 までは、iOS向けプロジェクト、MacOS向けプロジェクトとそれぞれ作成し、その後、Targetを追加する必要がありました。

Xcode12 からは、iOS/MacOS 個別ではなく、Multiplatform というプロジェクトが選択できるようになっていたので、共通のプロジェクトを作成して、iOS向け、MacOS向けそれぞれに App extension のターゲットを追加しました。

iOS向けは変化なし

iOS向けには、SLComposeServiceViewController を継承する ShareViewController が作られていました。これは、Xcode11 が生成していたコードと同じです。

コード

MacOS向けも変化なし

NSViewController を継承する ShareViewController が作られていました。これは、Xcode11 が生成していたコードと同じです。

コード

まとめ:App extension 向けに変更は見当たらない

WWDC2020 では、SwiftUI に結構大きな追加が説明されていますが、App extension という観点からは、大きな変化はまだ訪れていないようです。

説明は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です