[SwiftUI] [UnitTest] テストの作り方 ( Toggle 編)

SwiftUI component UITest シリーズ Toggle 編

Toggle

対象要素の取得

Accessibility ID を付与することで、他の要素と同じように取得できます。

XCUIElementTypeQueryProvider からの取得には、switches を使用します。

Toggle を取得

状態をチェック

状態は、value プロパティに保持しています。

ただし、String です。

ON 状態では、”1″ を、OFF 状態では、”0″ を持ちます。

操作

.tap() を行うことで、トグル動作を行います。

テストコード例

以下は、デフォルトが OFF のToggle を、タップ後に ON になっているかを確認するコードです。

Toggle テスト例
コード解説
  1. デフォルトで Off 設定になっていることをテスト
  2. Toggle に対して、タップしています
  3. タップ後に、On になっていることをテスト

アプリと、テストコード例

画面には、Toggle と Text が表示されていて、Toggle の状態に応じて Text のラベルを Onと Off に切り替えるアプリです。

Toggle テストアプリ

「Toggle テストアプリ」

Toggle テストアプリ
Toggle アプリ テストコード

まとめ:SwiftUI の Toggle をテストする

SwiftUI の Toggle をテストする
  • XCUIApplication から、accessibility ID 指定で Toggle を取得することができる
  • XCUIApplication から、switches[“ID”] で Toggle を取得することができる
  • Toggle の状態は、value プロパティから String として取得できる
  • SwiftUI では、accessibility ID は、.accessibility modifier で付与する

説明は以上です。
不明な点やおかしな点ありましたら、ご連絡いただけるとありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です