[SwiftUI] [UnitTest] テストの作り方 ( Image 編)

SwiftUI component UITest シリーズ Image 編

対象要素の取得

SwiftUI の Image は、accessibility ID を使って取得できます。

XCUIElementTypeQueryProvider からの取得には、images を使用します。

Image を取得

状態のチェック

Image に使用されているイメージ名は、label から取得できます。

操作

Image に対して、.onTap 等を指定することもできます。

ですので、テストとしても、tap() 等の操作も可能です。

テストコード例

以下では、TestImage という accessibility ID を付与した Image に対して、tap した後に、表示に使用しているイメージ名をテストしています。

Image テスト例
コード解説
  1. Image を取得
  2. Image を tap
  3. Image に設定されているイメージ名をテスト

アプリと、テストコード例

画面に、Image が表示され、その Image をタップすると Image が切り替わるアプリと、そのアプリ用のテストコードです。

Image アプリ

「Image アプリ」

Image アプリ
Image アプリ テストコード

まとめ:SwiftUI の Image をテストする

SwiftUI の Image をテストする
  • XCUIApplication から、accessibility ID 指定で Image を取得する
  • tap() 等の動作は、他の要素と同様
  • 表示している Image は、label から名称を取得できる

説明は以上です。
不明な点やおかしな点ありましたら、ご連絡いただけるとありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です