[UnitTest] TDD, UnitTest と Refactoring

UnitTest, TDD, Refactoring

TDD(Test Driven Development) は、UnitTest と Refactoring は、非常に密接な関係にあります。

以前から、QualityCoding のファンなのですが、この動画をみて、Refactoring の重要性を再確認した気がします。

上記の動画の中で、懐かしい本に言及してました。改めてページをめくってみたのですが、コードの具体的な修正方針から 大規模開発での方針まで説明されている良い本でした。

# 初版を随分前に購入したのですが、調べてみたら、第2版がでてました。

その他のリファクタリング本は、以下からどうぞ。

SwiftUI との相性が良い

SwiftUI を使うことで、UI をコンポーネント化しやすくなりました。

アルゴリズムについては、これまでもライブラリ化しての再利用はよく行われていたと思いますが、
UI である ビュー についても、SwiftUI の View をベースとした小さなビューを ライブラリ化しておくことで、UI と アルゴリズムを柔軟に組み合わせて 迅速なアプリ開発を可能とする環境の完成度が上がってきていると感じます。

最終的には、大きなプロジェクトに適用するとしても まずは、小さなプロジェクトに適用して手応えを確認しておくことは非常に重要です。

改めて、TDD のすすめ

別に 新規プロジェクトを開始するときだけが、TDD を導入するタイミングではないです。

  • バグ報告を受けた時に、そのバグ周りだけでも、テストを作成してから、修正していく
  • 新規機能追加時に、新規機能分だけ テストを作成してから、追加開発していく

上記のいずれも、TDD を開発に組み入れていく良いきっかけとなります。

説明は以上です。
不明な点やおかしな点ありましたら、こちらまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です