[JIRA][BitBucket] プロジェクト覚書 Bitbucket 設定

ローカルに開発していたプロジェクトのリポジトリを サーバーの Bitbucket 管理に移行するための手順説明

BitBucket サーバー

Xcode を使って開発すると 自然とバージョン管理に git を使用するようになります。

当初は、ローカルに管理しているだけで十分ですが、ある程度大きくなってくるとサーバーにも push したくなってきます。

ローカルディスク上である程度大きくなってきたプロジェクトのコードを Bitbucket に移譲する手順を説明します。

前提

以下を前提としてます

  • ローカルの git は、既に運用中。タグもブランチもいろいろある
  • BitBucket サーバーはセットアップ済み。登録先となるプロジェクトは既に作成済み

Bitbucket への登録

Bitbucket のプロジェクトに リポジトリ 作成

Bitbucket のプロジェクト内に、今後使っていく リポジトリを作成します。

  1. ツールバーメニュー[プロジェクト] を選択
  2. リポジトリ画面で、右上にある[リポジトリを作成]をクリック
  3. リポジトリ作成画面で、リポジトリの名前と説明を入力し、[リポジトリを作成]をクリック

上記の操作で、プロジェクト内にリポジトリが作成され、以下のような画面が表示されます。

Bitbucket スクリーン
Bitbucket スクリーン

赤枠で囲った箇所にも説明がありますが、
ここまでの操作で サーバー側に リモートリポジトリを作成したので、あとは ローカルリポジトリを push すれば良いことになります。

ローカル git を リモートに push

  1. ローカルの git にリモート URL を登録します
  2. push します。(全てのブランチを push しています)
  3. Tag 等も push します

上記の操作後に、サーバー上で確認すると、ローカルリポジトリの内容がサーバー上に push されていることが確認できます。

MEMO
画面中にある [更新] ボタンを押すと、画面が更新されリポジトリ画面になります。

まとめ:ローカルリポジトリの Bitbucket への登録方法

ローカルリポジトリの Bitbucket への登録方法
  • Bitbucketプロジェクト内にリポジトリを作成
  • 以下の手順でローカルリポジトリを Bitbucket リポジトリに push
    1. git remote set-url origin <サーバーアドレス>
    2. git push -u origin –all
    3. git push origin –tags
  • 必要に応じて、JIRA プロジェクトとリンクします

説明は以上です。
不明な点やおかしな点ありましたら、こちらまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です