[macOS] ダミープリンタ設定方法

macOS で ダミーのプリンタを設定する方法を説明します。

環境&対象

以下の環境で動作確認を行なっています。

  • macOS Big Sur 11.1
  • Xcode 12.3

背景

印刷できるアプリケーションの開発で、プリンターを切り替える機能を作りました。

しかし、自分の環境では プリンターは1台しかないので、切り替えることを試せません。
プリンター切り替え機能のテストのために新しいプリンターを買うのは現実的ではないので、調べてみたところ、MacOS の既存機能で、ダミーのプリンタを設定することができることがわかりました。

この説明は、こちらのページを参考にして記述してます。

ダミープリンタ

もちろん、印刷できません。あくまで、プリンタダイアログに選択対象として表示されるだけです。

印刷できないのですが、用紙設定等もきちんと存在します。ですので、印刷機能のテスト用途に最適だと思います。

印刷ダイアログで、印刷結果をPDFに出力すれば、出力結果を確認することもできます。

ダミープリンタ設定方法

Web ブラウザ上で設定していきます。

  1. "http://localhost:631" にアクセスします
    CUPS
    CUPS

    上記のページに切り替わらないときは、Disable されている可能性がありますので、ターミナルを使い 以下のコマンドで enable にします。

    % cupsctl WebInterface=yes
    

    表示されたら、"Administration" を押してプリンタ追加画面に遷移します

  2. "Add Printer" を押下します
    Adminstration page
    Adminstration page
  3. "AppSocket/HP JetDirect" を選択し、"continue" ボタンを押下します
    Select AppSocket
    Select AppSocket
  4. Connection に "file:/dev/null" と指定し、"continue" ボタンを押下します
    file:/dev/null
    file:/dev/null
  5. Name, Description, Location に入力し、"continue" ボタンを押下します
    Printer Description
    Printer Description
  6. Make に、"Generic" を選択し、"continue" ボタンを押下します
    Select Generic
    Select Generic
  7. Model に、"Generic PostScript Printer(en)" を選択し、"continue" ボタンを押下します
    Select Generic PS
    Select Generic PS
  8. 下の画面が表示されれば、新しいプリンタのセットアップは完了です
    Done!
    Done!

まとめ:macOS 上にダミープリンタは登録できます

macOS 上にダミープリンタは登録できます
  • CUPS を使ったプリンタを macOS 上に登録することができます
  • 実際の印刷はできませんが、PDF に書き出すことはできるので、テスト目的には大変便利です

説明は以上です。
不明な点やおかしな点ありましたら、こちらまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です