[AppStore] macOS アプリのプレビューとスクリーンショットまとめ

AppStore スクリーンショット で調べると、iOS 向けのページばかりヒットしますが、macOS 向けの情報をまとめます

AppStore スクリーンショット/App プレビュー for macOS

Apple の説明ドキュメント

  • App プレビューについてはこちら
  • スクリーンショットについては、こちら

きちんと説明されているのですが、iOS 向けと macOS 向けが混在しているので、わかりにくくなりがちです。

macOS 向けを抜き出してまとめてみます

macOS 向け App プレビュー

最大3つまで、登録可能 (macOS アプリ登録には必須ではない)

ビデオの仕様は、以下の通り

  • H.264、ProRes 422(HQのみ) のいずれか
  • 毎秒 30 フレーム
  • 拡張子は、.mov, .m4v, .mp4 のいずれか
  • 解像度:1920 x 1080 (macOS 向けは、横向き 固定)
  • 最大 500 MB
  • 最小 15 秒、最大 30 秒

macOS 向けスクリーンショット

macOS アプリ登録には必須。最大登録枚数は、10枚。

解像度は 以下のいずれか。

  • 1280x800
  • 1440x900
  • 2560x1600
  • 2880x1800

アプリのステータスが 編集可能 のときのみアップロードすることができます。

つまり、リリースされたアプリについては、変更できません。
スクリーンショットを変更するには、新しいバージョンのリリースが必要です。

App プレビューも同様の制限があります。

Tips: 多言語設定との組み合わせ

プライマリ言語用のスクリーンショットや App プレビュー を 他言語用に流用して設定する機能が、App Store Connect には、用意されています。

ただし、一部のみを流用するということはできません。

スクリーンショットや App プレビューで 絵的に説明するようにしていると、流用しやすくて便利です。

説明は以上です。
不明な点やおかしな点ありましたら、こちらまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です