[IoT] PlatformIOを使って、ESP8266をOTAでアップデート

動作確認(Lチカ)ができたので、OTAしてみることに
[IoT] VisualStudio + PlatformIO + ESP32 での環境構築

OTA

OTAそのものは、Arudinoのサンプルからとってきたものに、Lチカを追加

setup で準備して、loop から、ArduinoOTA.handle()を 呼び出すだけ。

コード

PlatformIOの設定

ArduinoIDEだとネットワーク上のターゲットを見つけてくれるみたいだけど、PlatformIOでは、手書きが必要です。

platformio.iniの中に、以下の設定を追加。

コード
MEMO
DHCPベースだとIPアドレス変わるかもしれないから、固定IPにするか、mDNSにしたほうが、後のメンテナンスは楽になります。

書き込み

普通に、”upload”を実行すると、以下のように、表示されて書き込み完了します。

コード

まとめ: ESP8266 OTA 設定

ESP8266 で OTA するための設定
  • setup で OTA 設定を行う
  • loop で ArduinoOTA.handle() して、必要に応じて OTA を行う

ものの、10分でOTAできるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です