[IoT] PlatformIO のプロジェクトフォルダの変更方法

PlatformIO の プロジェクトフォルダを変更する方法を説明します。

環境&対象

以下の環境で動作確認を行なっています。

  • VisualStudioCode 1.16.0
  • PlatformIO v2.3.3

PlatformIO プロジェクトフォルダ

PlatformIO で新規プロジェクトを作成しようとした時に、作成されるフォルダです。

デフォルトでは、~/Documents/PlatformIO/Projects になっています。

このフォルダを変更する方法がわかりにくかったので、改めて調べてみました。

PlatformIO プロジェクトフォルダの変更方法

以下の手順で設定します。

  1. PlatformIO IDE terminal を開く
    PlatformIO - QUICK ACCESS - Miscellaneous - New Terminal を選択して開きます
  2. 以下のコマンドを実行
    pio settings set projects_dir <設定したい(絶対)パス>
    
  3. Visual Code を再起動
2021.Sep.13 に更新
[View]-[Terminal] は、ターミナルを表示するコマンドから開かれるターミナルでは、PlatformIO の設定が反映されていないようで、pio コマンドが見つかりません。PlatformIO から ターミナルを開く必要があります。
@ c_toyama 様にコメントで教えていただき、ターミナルを開く方法を修正しました。
ありがとうございました。
2021.Sep.14 に追記
[View]-[Terminal] は、ターミナルを表示するコマンドであり、どのように開かれたかとは関係ないものでした。
ですので、直近で PlatformIO から開いたターミナルがあるのであれば、[View]-[Terminal] から開いたターミナルでも pio コマンドは、動作します。
[Terminal] - [New Terminal] で開いたターミナルでは、pio コマンドが動作しないということです。
# いずれにしても確認が不足していました。失礼しました。

説明は以上です。
不明な点やおかしな点ありましたら、こちらまで。

2 COMMENTS

c_toyama

大変貴重な情報ありがとうございます
[View] -[Terminal] からだと pio.exe へのパスが追加されない為 次の操作をする必要がありました

サイドバーで PlatformIO を選択
PLATFORMIO: QUICK ACCESS の [Miscelianeous] – [New Terminal] を選択

次のパスを環境変数Pathに追加でも良いですね
$env:USERPROFILE\.platformio\penv\Scripts

以下動作確認環境です
Visual Studio Code
バージョン: 1.60.0 (user setup)

PlatformIO
Core: 5.1.1
Home: 3.3.4

返信する
tyagishi

指摘ありがとうございます。

記事をアップデートしました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です