[macOS] キーボード入力が遅くなった時に試したこと

macOS を使っていて、キーボード入力が遅くなった時に試した方法を紹介します。

環境&対象

以下の環境で動作確認を行なっています。

  • macOS Monterery beta 4

キーボード入力が遅い

「キーを入力してしばらくして、画面に現れる」という現象にしばらく悩んでいました。

体感ですが、キーを入力後 1秒くらいあとに 画面に表示されるという状況でした。

コードを書いている等の英語を入力する状況では、コード補完がほとんど機能しないことになるので、フラストレーションが溜まるのですが、
日本語モードで入力する時には漢字変換も関係してくるので、さらに大きなフラストレーションを感じる状況でした。

これぞまさに 「タッチタイピング」という感じで、スペースキーを押しての変換まで予想して、キーを先行入力していました。

あまりにも、つらくなってきたので、Web でも調べつつ対処してみたところ、治ったので、紹介します。

Web にのっていること

Web を少し探してみると、以下のようなことが見つかりました。

  • 日本語入力の「ライブ変換」をやめる
  • 日本語入力の「タイプミスを修正」をやめる

いずれも、日本語入力サポート機能の一部であり、入力を監視して必要に応じて追加処理するという機能です。

日本語入力オプション
日本語入力オプション

どちらも OFF にしてみましたが、効果はありませんでした。

藁にもすがる思いだったので、他にも、「推測候補表示」を外してみたり、いろいろなオプションを負荷が軽くなるように調整しました。

ですが、自環境では、いずれも 効果がありませんでした。

いろいろと変更したせいか、以前よりも重くなった気さえしました・・・・

自環境で効果のあった 対処方法

ふと思いついて、「ローマ字入力」をあらためて登録するということをしてみました。

一度、「ローマ字入力」を削除して、その後 「ローマ字入力」を登録した ということです。

ローマ字入力再登録
ローマ字入力再登録

ローマ字入力を再登録したところ、これまでの状況が嘘のように解消されました。

キーボード入力の遅延に悩んでいる方は、一度試してみてください。

説明は以上です。
不明な点やおかしな点ありましたら、こちらまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です