[Mac] Apple ドキュメントを読むためのスピーチ機能のすすめ

Apple のドキュメントを読むのに最近使い始めた スピーチ機能を紹介します

環境&対象

以下の環境で動作確認を行なっています。

  • macOS Monterery beta 5
  • Xcode 13 beta5

スピーチ機能

おそらく、ほとんどの人が使ったことのない機能だと思います。

スピーチ機能は選択したテキストを macOS が読み上げてくれる機能です。

たいていのアプリケーションでは 編集(Edit)メニューの中に含まれています。

Start Speaking
Start Speaking

テキストを選択してから、読み上げ開始を実行すると テキストを読み上げ始めてくれます。

初期音声の英語は・・・

macOS を日本語設定で使っていると、初期設定されているのは、日本語の流暢(?)な、Kyoko さんです。

Kyoko

再生ボタンを押すと自己紹介してくれます。

日本人からみると 日本語も怪しいのですが、英語も怪しいです・・・・

読み上げてもらっていると、聞いているのが辛くなる感じになります。

英語の得意な人も選択できる

実は、読み上げてくれる人を選択することができるようになっています。

Select

一番下の ”カスタマイズ...” を選択することで、さまざま言語の声が選択できるようになっています。

# 画面上部の Alex は、すでに事前にインストールした声が表示されています。

日本語は 2人ですが、言語によっては 非常にたくさんの声が用意されています。

特に英語(アメリカ合衆国)は、16人も用意されていて驚きます。

追加の声は 追加インストールが必要

日本語以外の声を使うためには、追加でインストールが必要となります。

”カスタマイズ...” 選択後に、使いたい音声にチェックを入れると、右側に ”ダウンロードされます”との表示が現れます。

will download

その後、"OK" を押下するとダウンロードが始まり、ダウンロードが終了すると、音声選択メニューに 追加した音声が追加され、選択できるようになります。

Downloaded

スピーチ機能は、ドキュメントを読むのにおすすめ

Apple プラットフォームで開発をする時には、Apple から提供されている膨大なドキュメントを読む必要がありますが、このスピーチ機能を使って読んでもらうのがおすすめです。

目だけでなく 耳からも情報が入ってくることで理解がより 深まります。

# 英語の音声が苦手な人には、再生速度を調整することもできます。

まとめ:Apple ドキュメントを読む時のスピーチ機能のすすめ

Apple ドキュメントを読む時のスピーチ機能のすすめ
  • スピーチ機能を使って読むことで、目と耳の両方からのインプットができる
  • 声を選択することで、流暢な英語で読み上げることができる

説明は以上です。
不明な点やおかしな点ありましたら、こちらまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です