[macOS] スクリーンショットの撮り方

     

TAGS:

macOS 上でスクリーンショットを撮る方法

環境&対象

以下の環境で動作確認を行なっています。

  • macOS Monterey 13 Beta3

覚えておくべきショートカット ⌘(Command)+Shift+5

複数の方法があるのですが、覚えておくべきは、「⌘(Command) + Shift + 5」です。

いくつかスクリーンショットを撮る方法がありますが、動画を撮影するケースも含め、「⌘(Command) + Shift + 5」を覚えておけば充分です。

ショートカットを押すと以下のようなツールバーが表示されます。

MainMenu

左から順に、次のようなボタンになっています。
・クローズボタン(キャンセル)
・画面全体を取り込む
・選択したウィンドウを取り込む
・選択部分を取り込む
 (セパレータ)
・画面全体を収録
・選択部分を収録
 (セパレータ)
・オプション指定メニュー

忘れてしまっても、マウスホバーすると機能が表示されますので、覚える必要もありません。

画面全体を取り込む

「画面全体を取り込む」ボタンを押すと、ツールバー右端に 「取り込む」ボタンが現れます。

ScreenWhole

「取り込む」ボタンを押下すると取り込みます。

# 複数画面を使っていると、画面毎に 1ファイルが作成されます。

オプション設定のタイマーにより、5秒後、10秒後に取り込むことも可能です。

選択したウィンドウを取り込む

「選択したウィンドウを取り込む」ボタンを押すと、マウスカーソルで対象とするウィンドウを選択するモードに切り替わります。

ScreenWindow

マウスカーソルを合わせると、取り込まれるウィンドウがハイライト表示に切り替わるので、取り込みたいウィンドウをクリックすると取り込みます。

オプション設定のタイマーにより、5秒後、10秒後に取り込むことも可能です。

選択部分を取り込む

「選択部分を取り込む」ボタンを押すと、マウスカーソルで取り込みたい領域を選択するモードに切り替わり、ツールバー右端に 「取り込む」ボタンが現れます。

ScreenArea

現在対象としている領域が表示されていますので、マウスを使用して大きさ/位置を調整したあと、「取り込む」ボタンを押下すると取り込みます。

オプション設定のタイマーにより、5秒後、10秒後に取り込むことも可能です。

画面全体を収録

「画面全体を収録」ボタンを押すと、ツールバー右端に 「収録」ボタンが現れます。

MovieWhole

「収録」ボタンを押下すると録画が開始されます。

オプション設定のタイマーにより、5秒後、10秒後に取り込むことも可能です。

選択部分を収録

「選択部分を収録」ボタンを押すと、マウスカーソルで取り込みたい領域を選択するモードに切り替わり、ツールバー右端に 「収録」ボタンが現れます。

MovieArea

「収録」ボタンを押下すると録画が開始されます。

オプション設定のタイマーにより、5秒後、10秒後に取り込むことも可能です。

設定できるオプション

オプションメニューを使うことで、以下のような設定が可能です。

Option

保存先

文字通り、保存先を設定することができます。

タイマー

特定秒後に、スクリーンショットを撮ることができます。

操作途中のスクリーンショットを撮るのに便利です。

その他オプション

・フローティングサムネールを表示
・最後の選択部分を記憶
・マウスポインタを表示

「フローティングサムネールを表示」とは、設定をオンにすることで、スクリーンショット撮影後に、(文字通り)画面右下にスクリーンショットのサムネールを表示させる機能です。

他2つの機能は、文字通りです。

そのほかのショートカット

以下のような 特定のスクリーンショットを撮るためのショートカットも用意されています。

デフォルト設定では、「スクリーンショット[日付][時刻].png」 というファイル名になります。

画面全体のスクリーンショット

⌘(Command) + Shift + 3 で 画面全体のスクリーンショットを撮ります。

# 複数画面を使っていると、画面毎に 1ファイルが作成されます。

画面一部のスクリーンショット

⌘(Command) + Shift + 4 で画面一部のスクリーンショットを撮ります。

ショートカットを押下後に、どの範囲かを指定します。

esc キーを押すとキャンセルになります。

ウィンドウのスクリーンショット

⌘(Command) + Shift + 4 を押した後に、スペース で画面一部のスクリーンショットを撮ります。

同時に押すのではなく、⌘(Command) + Shift + 4 で画面一部のスクリーンショットを撮る状態に切り替わった後に、スペースを押します。

esc キーを押すとキャンセルになります。

まとめ

macOS での スクリーンショットは、「⌘(Command) + Shift + 5」を覚えておく

macOS での スクリーンショットは、「⌘(Command) + Shift + 5」
  • スクリーンショット・動画を選択可能
  • 全画面・ウィンドウ・指定領域を選択可能
  • 5秒後・10秒後を選択可能

説明は以上です。
不明な点やおかしな点ありましたら、こちらまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。