ExifClip for iOS

ExifClipTitle

ExifClipを、iPadでも!

MacOS上でも作っていたのですが、同様の機能をiOSにも作りました。
Macで印刷するのも良いのですが、「ちょっとした時間でさくっと印刷したい」、「iPhoneしか持ってない」、「Macにどうやって写真を移すかわからない」などなど、iOS版が欲しいケースがいろいろとありました。
iOS版は、iOS対応らしく、指先で日付を移動させたり、印刷範囲を設定したりできます。

日付はどこから?

大抵の写真には、撮影日時も保存されてます。なので、写真を読み込ませれば自動的に、撮影日時を表示します。

記憶が鮮明によみがえります

見返す時に、日付があるとその時の情景が思い出しやすいですよね。
思い出の写真に日付があることで、より鮮明に記憶がよみがえります。

子供の成長の記録に

子供の写真をよく撮りますよね?
写真の撮影日時から、「当時は、1才くらいだったっけ?」と思い出すのも良いものですが、誕生日を設定することで、「当時」1才2ヶ月と自動計算させることができます。
写真に日付と共に、入れてしまうことで、パソコンでチェックしなくても、なつかしく写真をみることができます。

おじいちゃん、おばあちゃんに写真をあげるときにも、喜ばれます。

名前を入れ込めます

日付、年齢とくれば、簡単な文字も入れたくなりますよね。 もちろんできます!
子供の名前を入れて、自動計算した年齢と合わせて「さくら 3才」とすることもできますし、「自宅ベランダで」みたいな情景を思い出させる文字も可能です。

メール、SNS等へも

iOSの機能ですが、編集した写真をそのままメールアプリ等へ渡すこともできます。印刷するだけでなく、友達にメールで送ることもできます。

AppStore

以下の機能は、無償で利用できます。
・EXIFデータをインポートする機能
・日付情報をテキストに変更し、写真上に配置する機能

以下の機能は、App内購入で購入いただく必要があります。
・広告削除
・フリーテキストを写真上に配置する機能
・誕生日情報と併せて撮影した時の年齢を計算する機能

価格
・180円/月
・2,000円/年

注記
・期間終了の24時間以上前に自動更新が無効にされない限り自動的に更新されます。
・お支払いは、購入確認時のiTunesアカウントに請求されます。
・サブスクリプション中に、現在のサブスクリプションをキャンセルすることはできません。

確認方法とキャンセル方法
・デバイスの「設定」ー「iTunes StoreとApp Store」ー「Apple ID」をタップしてください。表示されるダイアログの「Apple IDを表示」を選択し、アカウント画面中段の「サブスクリプション」を選択することで、サブスクリプションの状態を確認することができます。同じ画面で、サブスクリプションをキャンセルすることができます。

AppStoreはこちら

お問い合わせ等、下記からお願いします。