Swift 学習のすすめ と 学習方法の詳解

Swift

最近、プログラミングが話題になっていますが、プログラミングをするためのプログラミング言語の選択が重要です。
Apple が自社プラットフォームの標準として使用しているプログラミング言語 Swift とその学習方法を説明します。

プログラミング言語 Swift

SwiftLogo

プログラミングについて少し調べた人なら、上記のロゴや、”Swift” という名前を聞いたことはあるでしょう。

Swift という言語は、2014年に発表され、Apple が力を入れていることもあり、Apple の ソフトウェアプラットフォームの中心言語になりました。

Apple の以前のプラットフォームは、C言語から始まって、Objective-C言語に移り変わっていましたが、最近は、Swift 一色です。

Swift は、Apple 社がオープンソースにしましたので、Apple プラットフォームに限定されず、サーバー側での利用も進んでいます。

比較:C や C++ は?

C や C++ という言語についても聞いたことがあるかと思います。

これらの言語は、非常に古くから使用されていて、いまでも非常に多く動作しています。

ですが、これから学習する言語 としては、いまひとつです。

プログラミングの考え方は、プログラミング言語とは別のものですが、その言語がベースにしている考え方というものがあります。

C 言語は、非常に古い言語ですので、当時の 手続き方プログラミングや構造化プログラミングという考え方がベースにあります。

C++ 言語は、オブジェクト指向 という概念がそのベースにあります。

コンピュータの動作原理を理解するという意味では、良い言語だと思いますが、いまから C 言語や C++ 言語を学習することはお勧めできません。

なお、Swift では、上記概念を進めた 関数型プログラミング や リアクティブプログラミング の考え方を取り入れています。

MEMO
別の言語でプログラミングを学習した後に、ソフトウェアの原理を学ぶために、C/C++ を学ぶのは良いと思います。

Python や Java は?

AI を調べてみると Python という言語がよく出てくると思いますし、マルチプラットフォーム等の環境では Java という言語も非常に有名です。

もちろん、Python や Java も良いのですが、「作ったものを使えるかどうか?」という観点で見ると少し厳しいです。

やはり、ソフトウェアを作ったら使いたいですよね?

最初は、文字列を表示するだけかもしれませんが、学習を進めていくに従って、自分で作ってみたいソフトウェアのアイデアが浮かんできます。

学習を進めていけば、自分で作れるわけです。市販のソフトウェアは、改造することが難しいですが、自分で作れば、好きなように作れます。

そう考えた時に、自分の作ったソフトウェアを動かす環境があるか という点も重要になってきます。

Swift であれば、iPhone で動作させることができます。

まとめ Swift がおすすめです

以下の理由から、Swift がおすすめです。

おすすめプログラミング言語 Swift
  • 2014年発表された新しい言語で、最新の考え方が考慮されている
  • 作成したソフトウェアを動作させるプラットフォームが iPhone

Swift学習 おすすめサイト

HackingWithSwift

HackingWithSwfit というサイトがおすすめです。

リンクは、こちら

サイトに移動した後に、”Learn”メニューに表示される “100 Days of Swift” というコースで、Swift を学習することができます。

Hacking with Swift learn to code iPhone and iPad apps with free Swift 5 2 tutorials

Swift 学習のコースは、Day1, Day2 ・・・Day100 と 名前の通り、100日で学習できるようになっていますので、一歩づつ進めていくことができます。

各トピックの説明は、文章の他に動画にもなっていて、非常にわかりやすく説明されています。

途中にまとめの日も設定されていますので、復習もばっちりです。

良い点ばかりに見えますが、1番の難点は、”英語”で説明されていることだと思います。

難しい英語ではありませんが、理解しやすいようにわかりやすいように、例えが入っていますので、その例えが日本人にはピンとこないことがありました。

いずれにしても、英語にアレルギーがないのであれば、1番のおすすめです。

日本語のサイト・・・

残念ながら、日本語で Swift についてまとまっているサイトはあまりありません。

疑問とおもったことについて、Google をして、わかりやすそうなページを探すしかありません。

ただし、わかりやすいページが 常に正しい ということではないので、注意が必要です。

お金の面では、一番安上がりな学習方法ですが、その分、自分で気をつけなければいけない点は多いということになります。

Swift学習 おすすめ本

詳解Swift

詳解Swift という書籍が、おすすめです。

著者は、Swift の初期から書籍を出していますし、Swift の前に主力言語だった Objective-C という言語についても同様の書籍を出しています。

現時点では、Swift 5 に対応した第5版が最新版ですが、常に最新版を購入するのがおすすめです。

Swift ポケットリファレンス

Swift を学んでも、プログラミング言語の文法を全て記憶しておくことは無理なので、ちょっとした文法の確認等をしたくなります。

ちょっとした文法を確認するために、言語仕様書までさかのぼって確認するのは少し手間です。
そんな時に、リファレンス本があると便利です。

注意
Swift5 に対応していないようなので、注意して参照する必要があります。

Swift学習 おすすめスクール

学習中に、質問したい という形には、スクールという選択肢もあります。

こちらのスクールでは、アプリ開発という実践的なコースになっています。

まとめ:Swift の学習方法

上記のどれから始めても OK です。

ポイントは、「始めること」です。

HackingWithSwift で進めながら、細かいところを参考書でチェックするというやり方もあるでしょうし、スクールで学習して、参考書で予習復讐もありだと思います。

金銭的なことを考えると、おすすめサイト HackingWithSwift での学習は、お金が一切かかりませんので、まず やってみてはどうでしょう。

興味が湧いてきたら、参考書を買ってみるとか、スクールに申し込んでみると良い感じに進められるはずです。

説明は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です