[macOS] Big Sur をクリーンインストールする方法

リリースされたばかりの macOS Big Sur をクリーンインストールする方法を説明します。

バックアップを忘れずに

ディスクを一旦全クリアしてインストールしますので、事前にバックアップを忘れずにしておきましょう。

ディスクのバックアップには時間がかかりますが、その間に、お気に入りのアプリの Big Sur 対応を調べるなどしておきましょう。

Internet リカバリーモード

準備が整ったら、インストールを開始します。

クリーンインストールするためには、mac を再起動して、Internet リカバリー モードに入ることが必要となります。

注意
起動直後に押されているキーで、異なるリカバリーモードになりますので、以下の説明を読んでから、再起動してください。

再起動時のオプション指定

ネットワークインストールを行うことで、クリーンインストールが可能となりますが、
起動してネットワークインストールを行う際に、OS を選択することがポイントです。

以前の OS を選んでしまうと、インストール後に、最新 OS へのアップデートが必要となってしまいます。

OS の選択方法は、「再起動時に特定のキーを押している」ことです。以下のように、キーによって、インストールされる OS が異なります。

キー 再インストールするOS
Command(⌘) + R お使いの Mac に最後にインストールされていたバージョンの macOS をインストールします
Option + ⌘ + R Mac と互換性のある最新のバージョンの macOS にアップグレードします。
shift + Option + ⌘ + R Mac に当初付属していた macOS、またはそのバージョンに一番近い、現在も利用可能なバージョンを再インストールします。

macOS Catalina などの以前の macOS がインストールされていた Mac に macOS Big Sur をクリーンインストールしたい時には、Option + ⌘ + R を押して、Internet リカバリーモードに入る必要があります。

Command(⌘) + R でリカバリーモードに入っても、それまでに入っていた OS を再インストールするモードになってしまいます。

以下の機種は、macOS Big Sur に対応機種ですので、上記の 最新バージョンをインストールする 方法で、macOS Big Sur をクリーンインストールできます。

  • MacBook (2015以降)
  • MacBook Air (2013以降)
  • MacBook Pro (Late 2013以降)
  • Mac mini (2014以降)
  • iMac (2014以降)
  • iMac Pro(2017以降)
  • MacPro(2013以降)

macOS Big Sur に対応している機種の詳細情報や確認方法は、こちらのページでチェックしてください。

まとめ:macOS Big Sur のクリーンインストール方法

macOS Big Sur のクリーンインストール方法
  • バックアップを取る
  • mac を(再)起動する。その時に、Appleロゴや回転する地球儀が見えるまで、「Option + Command(⌘) + R」 を押しておく
  • macOS Big Sur のインストーラが表示されることを確認し、後は、指示に従ってインストールする

おまけ:macOS Big Sur は、外部ディスクにインストールすることもありかも

まだリリースしたばかりなので、完全に切り替えるのは怖かったです。なので、外部ディスクにインストールしました。

動かなくなると困るアプリがあったりするときは、いったん 外部 SSD にインストールして 様子をみるのも良いかと思います。

# 外部ディスクにインストールする時は、インストール先ディスクを間違えないようにしてください・・・

説明は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です