[iPhone] iPhone 買い換えた時の古い iPhone のリセット手順

iPhone

iPhone を買い換えた時、古い機種をリセットする時の方法を説明します

iPhone のデータを移行する前にしておいた方が良いこと

以下を確認しておくと良いです。

  • iPhone のバックアップ
  • Apple Watch とのペアリング解除
  • Apple Pay の SUICA 解除

iPhone のデータ移行

2台の iPhone を近づけることで、デバイス間の移行機能 を使って移行することができます。

Apple の説明ドキュメントは、こちら

残った iPhone のリセット

残った iPhone をそのまま残しておくこともできますが、データが新機種に引き継がれたことを確認した後は、以下のリセットを行い個人情報等を削除してしまいましょう。

以下の手順で、データをクリアすることができます。

  • iPhone を探す を off にする (iCloud 関連の削除)
  • データリセット

iPhone を探す を off にする(iCloud 関連の削除)

  1. (リセットする)iPhone 上で「設定」ー「ユーザ名」をタップし、(スクロールして)「サインアウト」をタップします。
    Apple ID アカウントのパスワードを確認されますので、入力することでサインアウトできます。

サインアウトのタイミングで、(リセットする) iPhone にデータを残すかどうか聞いてきますが、リセットする予定なので、特に残す必要はありません。

データリセット

  1. 「設定」ー「一般」ー「リセット」ー「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。
  2. パスコードを確認されますので、入力します。
  3. 最終確認アラートが表示されますので、「iPhone を消去」をタップします。(2回確認されます)

「iPhone を探す」

「iPhone を探す」が ON になっていると、別の人が アクティベートできません。

人にあげる などの時には、この設定がされていると困ります。

念の為、icloud.com に 自分の Apple ID でログインし、「iPhone を探す」にリセットした iPhone が登録されていないか確認しましょう。

# iCloud.com 上で登録を解除することも可能です。

まとめ:iPhone のデータ削除

いきなり消去せずに、以下の確認を行うのが大事です。

  • Mac にバックアップできているか
  • iCloud アカウントがサインアウトされているか
  • iPhone を探す がオフになっているか

説明は以上です。
不明な点やおかしな点ありましたら、こちらまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です